スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロディーヌ・ロンジェ全集 ~恋はみずいろ / Claudine Longet


クロディーヌ・ロンジェ全集 ~恋はみずいろ / Claudine Longet

バターとメープルシロップがたっぷりとかかったホットケーキ、僕にとってクロディーヌ・ロンジェはそんなイメージ。ずっと聴いてると疲れるんだけれど2ヶ月ぐらいの間隔で無性に触れたくなる。今持っているアルバムとはかぶる曲が多いけど2枚組で約2時間のボリューム、彼女の奇跡的に美しいウィスパー・ヴォイスを堪能したいならこの一枚で十分でしょう。服役を終えてるしもう一度表舞台へ…とは簡単にはいかなかったんだろうな。クロディーヌ・ロンジェも70歳を過ぎてるのか、落ち着いた余生を過ごして欲しいなと勝手ながら思ったりする。

Franz Ferdinand (フランツ・フェルディナンド)


Franz Ferdinand / Franz Ferdinand (フランツ・フェルディナンド)

スコットランド出身のフランツ・フェルディナンドのデビューアルバム。名前はよく聞いてたんだけれど今更ながらアルバムを手に入れました。個性的なヴォーカル、ニュー・ウェーブ+グランジのカッコよさ。やはり「Take me Out」が抜けてますが全曲のレベルが高い。個人的にはM1「Jacqueline」を推したい。雰囲気的にストロークスに近いけれど、このポップ・センスはプロデュースしたトーレ・ヨハンソンの功績でしょう。

My Piano Romance / Beegie Adair (ビージー・アデール)


My Piano Romance (マイ・ピアノ・ロマンス) / Beegie Adair (ビージー・アデール)

優しくゆったりとした旋律、幸福の感情を音にするとこういうアルバムが出来上がるのではないでしょうか。ピアノを弾く喜びが伝わってくる。73歳での日本デビュー、癖のないロマンチック・ピアノ。ビートルズやエルヴィス、ジャズのスタンダード曲ばかりで聴き易いです。ラストに「いい日旅立ち」が入っているのは嬉しいですね。

Christmas Gift to You From Phil Spector / Phil Spector


Christmas Gift to You From Phil Spector (クリスマス・ギフト・フォー・ユー・フロム・フィル・スペクター) / Phil Spector

冬が来るたびにクリスマス・アルバムを追加してて、今年はフィル・スペクター。神聖なムードを作るというよりも、クリスタルズやロネッツなどフィル・スペクターファミリーが参加しているので西海岸の匂いが香るひたすらに楽しく賑やかなアルバムと言えるでしょう。
気が早くて夏前に買ったんだけれどフライングして何度も聴いてしまった。クリスマスの音楽ってハロウィンが終わる辺りから流すのがいいのかな。来月、お薦めのクリスマスアルバム特集をアップしますね。

≪PREV | | NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。