スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩春 (1949) ★★★★+

晩春  Late Spring

【解説】笠智衆と原節子の共演第一作で、鎌倉を舞台に、妻を早くして亡くした大学教授の父と、27歳になってもそんな父親を一人残して嫁に行く気にはなれない娘。結婚をめぐる父親と娘を題材にした感動作である。

【感想】今の時代これだけストレートに親子愛を描いたらう嘘っぽくなってしまうと思うんですが、この映画の雰囲気だと全く違和感がありません。
決して動かないカメラ、徹底したローアングル、印象に残る構図…小津監督の美学に酔いしれました。それに加え笠智衆の朴訥な演技と原節子の上品な存在感。

晩春  Late Spring

晩春 / Late Spring
監督:小津安二郎
出演:笠智衆 原節子 月丘夢路 杉村春子 青木放屁

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)

<以下ネタバレ>


リンゴの皮を剥くラストシーンでしんみりとしてしまいました。父親ってのはぁ悲しい役割だなぁ…娘を持つ男なら一度は経験する道なんでしょうかね。
娘の幸せのために嘘をつく、思い返してみると何の変哲もない事なんだけど深く心に沁みるのです。

晩春  Late Spring
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.01

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.06

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.28

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.12.05

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.12.06

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.12.07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。