スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997)★★★★

Knockin' on Heaven's Door

【解説】余命わずかと宣告され、たまたま末期病棟の同室に入院させられたマーチンとルディ。二人は死ぬ前に海を見るために病棟を抜け出し、ベンツを盗んで人生最大の、おそらく最後の冒険へと出発した。

【感想】メチャクチャするなぁと思いながらも爽快感があり、随所に笑えるシーンあり。マフィアと警察の集団が向かい合う場面は面白い!
最後のシーン、どうして映画のラストって海が似合うんでしょうかね。スミノフを別れの杯にし、その光景は絵画を見てるように美しかった。初めて見た海を目の前にし、彼が何を感じたのか気になります。

Knockin' on Heaven's Door / ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
監督:トーマス・ヤーン
出演:ティル・シュヴァイガー ヤン・ヨーゼフ・リーファース

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。