スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレンジャー・ザン・パラダイス (1984) ★★★★

Stranger Than Paradise

【解説】ストリートミュージシャンである従兄弟のウィリーを頼り、単身ハンガリーからニューヨークへやって来た少女、エヴァ。ウィリーの悪友エディとともに、見知らぬ都会で3人の若者たちの奇妙な共同生活が始まった…。

【感想】何の変哲もないストーリーなのに、ジャームッシュ独特の空気感で最後まで飽きなかった。映画館と湖のシーンが好きです。いつも楽しんでるのかそうでないのか分からないけど、なんかいい。
モノクロの世界での構図が良く(各シーンを静止画だけで見ても美しい)、長回しのシーンが多いのが印象的。ジョン・ルーリーがいい雰囲気で、ジェイ・ホーキンスの音楽にも酔った。

Stranger Than Paradise

Stranger Than Paradise / ストレンジャー・ザン・パラダイス
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:ジョン・ルーリー エスター・バリント

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。