スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローサブマリン (1968)★★★★★

The Beatles Yellow Submarine

【解説】昔むかし、この世の楽園があった。その名はペパー・ランド。そこには至上の幸福と音楽が満ち溢れていた。しかし、空飛ぶグローブと軍隊を率いたブルー・ミーニー達が楽園を破壊すべく宣戦布告をしてきた。そして、ジョン、ポール、ジョージ、そしてリンゴが平和を守るために立ちあがった!

The Beatles Yellow Submarine

【感想】ハインツ・エーデルマンのサイケデリックとシュールレアリズムの表現!特にルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンド(下の動画、もっと言えば2分10秒あたり)が流れる場面は鳥肌ものです。
武器を使うことなく、敵と「愛と歌」で戦うとか60年代ならではの雰囲気がいい。個人的にビートルズはサイケ色の強い中期が一番魅力を感じ、ちょうどこの映画が上映された時期かな。
子供向けの映画に見えて、実は大人向け。DVDを持ってるんですが、ポップアートの中でも非常に価値があり芸術性の高い作品だと思います。本当は★4つだけど、きちんと再評価されて色々な人に見てもらえることを願って★5つ。


(Lucy in the Sky with Diamonds)

The Beatles Yellow Submarine / ザ・ビートルズ イエローサブマリン
監督:ジョージ・ダニング
イラスト:ハインツ・エーデルマン

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.06

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.12.05

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.12.05

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.12.07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。