スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日どこかで(1980)★★★★★

Somewhere In Time

【解説】ある劇作家の青年がタイム・トラベルをし、過去の時代に生きる女性と恋に陥る。時間と空間を越え結ばれた男女が織り成すSF的ラブストーリー。

【感想】やられた…。作品が醸し出す雰囲気の良さ。展開が強引で練られたストーリーでもないのに、何度も涙が…。
このピュアさは一体何なんだろう?考えてみたんだけど、クリストファー・リーヴの人間性と音楽じゃないですかね。嫌味にならない外見の良い朴訥な青年は映画の純度を作っているし、品があり美しいテーマ曲とラフマニノフの音楽も物語を盛り立てます。
印象派のような風景も記憶に残る。10年後にまた観ます。

Somewhere In Time

Somewhere In Time / ある日どこかで
監督:ジュノー・シュウォーク
出演:クリストファー・リーブ、ジェーン・シーモア

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。