スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもボクはやってない (2006) ★★★

それでもボクはやってない

【解説】就職活動中の金子徹平は、満員電車で痴漢に間違えられて現行犯逮捕される。取調べで無罪を主張するが、担当刑事に自白を迫られ留置所に拘留。ついには起訴されてしまう。

【感想】その後が気になって色々考えさせられる、作りこまれた映画でした。裁判官から司法研修生たちへ「裁判官に最も大切なことは?」との問いに、「無実の人を罰してはならない」と答えていたのが印象に残った。
今後、電車やバスに乗るのが怖くなります。実話を基に作られているので妙にリアリティを感じました。

それでもボクはやってない
監督:周防正行
出演:加瀬亮・瀬戸朝香・山本耕史・もたいまさこ・役所広司

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.06

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。