スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンド・バイ・ミー(1986) ★★★★

スタンド・バイ・ミー

【解説】行方不明になった少年の死体探しに出掛けた少年たちの、ひと夏の冒険を描く。

【感想】小学校5・6年の時にテレビで見た記憶があります。ずっともう一度観たいと思ってて、約20年振りの再鑑賞。今思えば、僕も当時の友達も映画の主人公達と同じ年代で、国や環境こそ違うものの似た世界に居たのかもしれない。なんか妙に共感できます、これは大人にならないと理解できない映画ですね。
秘密基地や焚き火の前でくだらない話をしたり、線路の上を歩いたり…。最後のベン・E・キングの歌う主題歌も完璧です。

Stand by Me

「私は、あの12歳の時のような友達をその後持った事がない…誰でもそうなのではないだろうか?」

Stand by Me / スタンド・バイ・ミー
監督:ロブ・ライナー
出演:ウィル・ウィートン, リバー・フェニックス, コリー・フェルドマン, ジェリー・オコネル,キーファー・サザーランド

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。