スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッドナイト・ラン(1988) ★★★★

Midnight Run

【解説】元警官のバウンティ・ハンターと、彼に捕らえられた横領犯。ふたりのニューヨークからロサンゼルスまでの壮絶な大陸横断をノンストップアクションで描く。

【感想】派手なアクション映画かと思いきや、コメディ色も強かったので良い意味で裏切られました。序盤の飛行機の中の子供のコメントに爆笑。あと、ジャックの娘がベビーシッターで稼いだお金と父親にあげようとする場面には感動しました。アクションとユーモアのバランス、そしてテンポの良さ。そしてデ・ニーロの魅力が満載です。

「来世で会おう」

Midnight Run/ミッドナイト・ラン
監督:マーティン・ブレスト
出演:ロバート・デ・ニーロ, チャールズ・グローディン, ヤフェット・コットー, ジョン・アシュトン

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。