スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな恋のメロディ(1970) ★★★★+

小さな恋のメロディ

【解説】パブリック・スクールに通うダニエルとメロディーの青春期の初々しい淡い恋を描いたラブストーリー。

【感想】子供たちの無邪気さと純粋さに癒されますね。それは時に残酷でもありますが…。「小さな恋のメロディ」を見ると、なんとも言えない懐かしい気持ちになるんですよ。子供心というのは時代や国に関係なく、大人なら誰しもが通る道だからでしょうかね。ビージーズの優しい歌声も映像にピッタリです。

Melody/小さな恋のメロディ
監督: ワリス・フセイン
出演: マーク・レスター, トレーシ-・ハイド, ジャック・ワイルド

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)


最後のトロッコのシーン、素晴らしいです。どこかに歌詞で「子供の時間はゆっくり過ぎていく」とありましたが、それを見事に象徴してます。

小さな恋のメロディ

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。