スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋の上の娘(1998)★★★★

橋の上の娘


【解説】名もない橋の上で出会った女性とナイフ投げの曲芸師の奇妙な運命を描いた愛の物語。

【感想】ナイフ投げのシーンは緊張感があり、官能的。作品全体を通して雰囲気が良く、フランス映画らしくないハッピーエンドが嬉しかった。ジョニー・デップの奥さんでもあるヴァネッサ・パラディは歌手としても成功してますし、この映画でも美しいです。

The Girl on the Bridge / 橋の上の娘
監督:パトリス・ルコント
出演:ヴァネッサ・パラディ、ダニエル・オートゥイユ

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。