スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃ペニー・レインと (2000年)★★★★

あの頃ペニー・レインと (2000年)★★★★

あの頃ペニー・レインと

【解説】キャメロン・クロウ監督、脚本で贈る、1970年代のロックシーンを舞台にした珠玉の青春映画。

【感想】ケイト・ハドソンの魅力満載、表情がいい。音楽は進化してないっていう人が多くて僕はそう思わないんだけれど、60年代後半~70年代までのロックの輝きや影響力の大きさを今の音楽が超えるのは難しいんだろうなぁ…そんな時代を舞台にした懐かしさの残る映画です。
実らないと分かってるのに、それでも人を好きになるという切なさ。見るのは7年振りだけど、何度見ても良い作品です。

「心の底から、バカげた音楽やバンドを愛するってことは、自分もズタズタに傷つくってことよ。」

Almost Famous / あの頃ペニー・レインと
監督: キャメロン・クロウ
出演: パトリック・フュジット, ケイト・ハドソン, ビリー・クラダップ

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>『あの頃ペニーレインと』 Almost Famous | キャメロン・クロウ監督の優しい眼差し。 from 23:30の雑記帳
コメンタリやディレクターズカット版も 入っている二枚組DVDのほうで観たので、 それを含めての感想になります。 母親と一緒にコメンタリしているのには 驚かされました。 日 ... >>READ

2011.03.01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。