スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buffalo'66 (バッファロー'66) / サウンドトラック


Buffalo'66 (バッファロー'66) / サントラ

イエスだけでなく、キング・クリムゾンやスタン・ゲッツなど選曲が渋い。ギャロが作曲したM1「Lonely Boy」とM6「Ohgod」のギターの音像は孤独感を表現できているしM3「Fools Rush In」では古き良きアメリカが風景として浮かび上がる。
「Buffalo'66」は当時大阪に住んでたころ話題になってて映画館に行った思い出がありまして、今にして思うのは下で紹介している動画を見る限り、まず音楽ありきの作品だったんだなと。自己中俺様映画なんだけれどギャロの唯一無二の世界観と美学、人間の弱さや孤独感も描かれて実に愛嬌があって好感度の高い映画でした。

関連記事

この記事へのコメント

マクビール : 2011/09/17 (土) 21:36:20

あれあれあれ??サイフォンさん、こんばんは。テンプレをいつの間にやら(またまた)変更されていたんですね!シンプルで見やすくて、居心地がいいです~

ヴィンセント・ギャロの映画は「作った!!!!!」という感じがして私はあまり観ていないのですが、この音楽は絶対どこかで耳にしています。何に使われていたのかなぁ・・・

上の動画は、映画の一部なのでしょうか。
サイフォンさんが"音楽ありき"と仰る通りで、私はこれ、ミュージシャンが使うPVかと思いました(笑)。最近は映像音楽出身の映画監督さんも増えていますから、ほんと、映画と音楽は切っても切り離せないものですね。


サイフォンさん、私『海の上のピアニスト』のレビューを書いていたんですが・・・・結局トルナトーレ監督作品をほとんど観ることになって、大変なことになっています!3回くらいレンタル屋さんに行きました(笑)。書き始めた当初とは、思いもしなかった方向へと突き進んでいます。
どうしよう~・・・・(笑)

サイフォン : 2011/09/18 (日) 23:47:46

マクビールさん、返事遅れてすみません!
テンプレートですが、またまた変更してしまいました(笑)なんか違うな、これも違うなって繰り返しながら、やっと今回ので落ち着きそうです。なぜだか分かりませんが、やはり背景の色は白地が好きみたいです。マクビールさんに居心地がいいって言われて嬉しいです♪

そうです、動画は映画の一部分でして、大詰めで盛り上がるシーンなのです!このイエスの音楽は何に使われてたんでしょうかね、一度聴いてしまうと印象に残ります。うんうん、PVみたい。ギャロ自身がミュージシャンなのでやはり音楽ありきでしてそういう映画もいいですが、マクビールさんのような映画好きのための映画も上手に住み分けして盛り上がって欲しいものですね。少し前にテオ・アンゲロプロスの作品を紹介されてましたが、気になる監督さんであります。近所のレンタル屋では全く取り扱いがなく頼みの宅配レンタルでも置いてないんですよ…。

海の上のピアニスト、レビュー書いている最中なんですね!毎回内容の濃い記事で頭が下がります。海の上のピアニストの他にもトルナトーレ作品をレンタルされたんでしょうか、そこまで好きではない監督さんなのに…もしかしてストレスが溜まったのではないでしょうか、キッカケを作ってしまいすみませんでした。。レビュー見るの楽しみにしておきますね♪

マクビール : 2011/09/22 (木) 20:28:35

またまたゴメンクダサイマセ♪

アンゲロプロス監督、そうなんですか!レンタルは取り扱っていないのですか~。。。。私はBS-NHKで特集をやっていた時に観たのですよ。時々とても渋いことをやってくれるので、いつも目が離せません。

それとトルナトーレ監督については、ストレスなんて全然逆ですよ!サイフォンさんにはとても感謝しています。たぶん、というか絶対、サイフォンさんのあの記事がなかったら、私は一生トルナトーレ監督と目を合わせなかったと思っています。会うことはないんですけどね(笑)

で、暫くぶりにイタリア語と接する時間が長くなったので、だんだんイタリア語とかイタリア映画とかイタリア料理とかイタリアの太陽とか・・・その他諸々恋しくなってきてしまいました!でも「聴く耳」も「発音する舌」も筋力が落ちまくっていることが本当に悲しいです。。。レビュー完成させますね!!

サイフォン : 2011/09/23 (金) 22:06:06

マクビールさん、またまたコンバンハ~♪

そうなんですよ!神戸のレンタル屋の品揃えは壊滅的です。大阪に住んでた頃、梅田のTSUTAYAによく通ってて品揃えが豊富だったんですが、あれと比べてしまいますと在庫の数の少なさに泣きたくなります。。こういう時、都会っていいなって思います(笑)

それにしてもアンゲロプロス監督の作品はBS-NHKの特集だったんですね、レンタルばかりなのでその発想はありませんでした。ほんと渋い!
トルナトーレ監督、ストレスにならなくて良かった!やはり彼との相性は悪いようですね(笑)

あぁ~、イタリア料理、イタリアの太陽、素敵です!!!
語学って使わないと一定の場所まで凄いスピードで忘れますよね。。使う部分が違うので舌の筋力も衰えてくるんでしょうか、少し復習すればすぐに戻ると思いますよ!でも勉強を始めるまでがなかなか難しいんですよね。。
レビュー楽しみにしています、これから行かせてもらいます☆

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。