スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Young Django / Stephane Grappelli (ステファン・グラッペリ)

Young Django

Young Django (ヤング・ジャンゴ) / Stéphane Grappelli (ステファン・グラッペリ)

1979年にドイツで録音、ジャズ・ヴァイオリニストのステファン・グラッペリが若いギタリスト2人と共演し盟友・ジャンゴに捧げたアルバム。やはり来るものを拒まない親しさと機嫌の良さのようなものがあって、ジャズが苦手な人でも聴き易いのではないでしょうか。ジャンゴといえば「Minor Swing」、あと好きなのはM1「Djangology」やM7「Swing Guitars」。
明日、日帰りで淡路島に遊びに行くんですが、自分の中に抱いている淡路島のイメージってステファン・グラッペリの音と似てるんです。帰省ラッシュで渋滞してるだろうから、まったりとしたドライブ中に流すのが楽しみ。
紹介しているアルバムの動画が見つからないので、伝説のジャンゴ・ラインハルトとの共演した名曲「Minor Swing」をどうぞ。この雰囲気を楽しめるなら、ウディ・アレンの「ギター弾きの恋」をお薦めします。切なく愛おしい映画です。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。