スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Their Satanic Majesties Request (サタニック・マジェスティーズ ) / The Rolling Stones

Their Satanic Majesties Request

Their Satanic Majesties Request (サタニック・マジェスティーズ ) / The Rolling Stones (ザ・ローリング・ストーンズ)

ストーンズの曲の中でも「She's A Rainbow」が好きでしてカラオケでも音痴なりに歌ってきましたが、収録されているアルバムは見事なほどビートルズのコンセプトアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に影響されており、ジャケットの服装を見てもストーンズらしくないもんなぁ…。やはりビートルズを中心とした時代のうねりって凄かったんだろうなって感じたのと、サイケデリックの好きな方になら自信は持てないけれどお薦めできるかな。
ちなみに、ジョギングの最中に流してみましたが走るテンションが下がり続け、すぐに歩いてしまう始末。曲の間にイビキが流れたり、いつもの切れ味の無いアルバムですが、聴きこむ度に愛着が沸いてきまして、ストーンズのアルバムはこれで8枚目ですが一番好きですね。

関連記事

この記事へのコメント

マクビール : 2011/08/03 (水) 20:39:58

またまたこんばんは♪

今度はサイフォンさんの「She's A Rainbow」をUPしてください!(笑)
楽しみにしています^^

記事を読んでいたら「サージェント~」が懐かしくなってしまって、本当に何年振りでしょうかアルバムを聴いています。実は、私のギターにはSgt Peppers Lonely Hearts Club Bandのサイケ調ワッペンが貼ってあるんですよ^^;ビートルズのバンドではずっとドラムでしたが、ギターも時々やったりしていたんです♪

>やはりビートルズを中心とした時代のうねりって凄かったんだろうなって感じた

と、サイフォンさんも書かれていますが、音楽に物凄いパワーがあったあの時代は、戦争や紛争、政治や時代の空気感なんかが今とは全く異なったものがあって、音楽との関わりあい方(特に若者)も随分と違ったんだろうなぁと思います。音楽表現は文化のひとつですから、時代とともに生まれるものもニーズも変わっていくのでしょうねー。

サイフォン : 2011/08/04 (木) 21:52:40

度々こんばんは~!ありがとうございます☆

僕もさっそく「サージェント~」を流しながら返事しています。(今ちょうど4曲目「Getting Better」の所です)。

カラオケですが、音程といい発音といい、リズムといい全てが酷いもんですからアップするのだけは勘弁してください(笑)それよりも、ギターに貼ってあるサイケ調のワッペンこそブログにアップしてください、どんなデザインかと興味があります!

それにしてもマクビールさんはドラムだったんですね!僕はてっきり歌い手とばかり勝手に想像してました、女性でドラムってカッコイイ!
1960年代、あの音楽のパワーは一体何なんでしょうかね。音楽で世界を変えられると、本気で信じていた人達が奏でるメロディってやはり迫力があります。、

今9曲目の「When I'm Sixty-Four」が流れてます(笑)
いつもコメントありがとうございます♪

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。