スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・トラベル ~ 「世界の車窓から」

世界の車窓から

ワールド・トラベル ~ 「世界の車窓から」 / サントラ

テレビ朝日系列の長寿番組「世界の車窓から」。今年で24年目、放送回数はじつに8500回以上ということですから驚きです。意識して見ようとは思わなくても、たまたまチャンネルをつけて放送してるとテンションが上がる、僕にとってはそんな番組でして、こういった良質な紀行番組があるというのは日本の誇りでもあります。
有名な溝口肇さんのテーマ曲をはじめ、パット・メセニーやアントニオ・カルロス・ジョビン、ジェーン・バーキンや王菲(フェイ・ウォン)など、選曲も多国籍なので自分が世界中に旅に出ているような気分になります。
もし今度「世界の車窓から」を見る機会がありましたら、風景に合った素敵な音楽にも耳を傾けてみてください。


世界の車窓からといえば、やはりこのテーマ曲(一瞬で終わりますが…)!映像と共にどうぞ。


どうしても紹介したかった、Nana Mouskouri(ナナ・ムスクーリ)の「LA VIOLETERA(花売り娘)」。僕を映画好きにさせてくれたチャップリン「街の灯」に流れていた曲。癖がなく丁寧に優しく歌い上げています。
関連記事

この記事へのコメント

マクビール : 2011/07/26 (火) 21:59:07

「世界の車窓から」は、好きな国や気になる国の時に毎日予約録画をしておいて、それを後からまとめて見るのが大好きでした。そうなんですよね、その国の音楽をかけてくれるので、英語圏など以外のメジャーではない言語の国の時は、滅多に耳にすることのできないその国の言葉で音楽が聴けて嬉しいものでした。録画したDVDから覚えた音楽を、今でも懐かしく思い出せたりします^^

それと。。。
「LA VIOLETERA」・・・花売り娘は、チャップリンの映画の時にはあまり感じなかったのですが、やはりスペイン語で聴くと曲調から吹いてくる風が変化するのですね。節回しが、西欧のものとはこんなに異なるのですね!新しい驚きでした。・・・そうか、ナナさん自身がギリシャ出身という要素もあるのかもしれませんね。同じ曲なのに、どこか不思議な感覚を覚えました。素敵な歌声ですね!


サイフォン : 2011/07/27 (水) 23:20:45

マクビールさん、再度こんばんは!!!

録画するほど「世界の車窓から」が好きだったんですね!今回のエントリーに関しては同意してくれる人はいないだろうなと思いながら書いてたんで、凄く嬉しい気持ちになりました。録りだめて後からまとめて見ると、幸せで充実した時間を過ごせそうです。僕もやってみます!

「LA VIOLETERA」ですが、これってスペイン語なんですね!全く気付きませんでした、たしかにギリシャ出身という事で何らかのオリジナリティが生まれてるんでしょうか。音楽に限らず、映画でも普段触れることの少ない国で作られた作品って新鮮で強く心に残りますよね。

それにしても、ヘッドフォンを買ってくれて良かったです。これで安心して動画を紹介できます。
いつもコメントありがとうございます♪

管理人のみ通知 :

トラックバック


>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.08.19

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.06

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.07

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.16

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.27

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.11.28

>>- from
管理人の承認後に表示されます >>READ

2013.12.05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。