スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム ホーチミン(サイゴン)への旅・下

DSCF3372.jpg

DSCF3375.jpg
戦争証跡博物館。戦争で使われた兵器や写真の展示。1975年に終結したベトナム戦争だけれど、傷跡はまだ残っています。外国人観光客で賑わっていました。

DSCF3387.jpg
沢田教一さん、あなたの写真を見るためにベトナムまで来ましたよ。もしあなたが生きていたら、望んでいたように平和なベトナムの田園風景を撮ってたんでしょうね。


DSCF3393.jpg

DSCF3396.jpg
Pho24(フォー24)という現地では有名なレストラン。友達にもフォーだけは食っとけと言われ、香草を少しだけにして自分好みの味付けなら美味しかったんだけど、途中から店員さんに現地の味付けにしてもらうと食べれなくなった。香草は慣れの問題かのかなぁ…。


DSCF3559.jpg

DSCF3567.jpg
クチトンネル。ベトコンが生活・ゲリラ戦のために20年近くかけて掘った250キロにも及ぶトンネル。最初に日本語のビデオで説明があったんだけれど、若い女性が銃を持って戦う姿を見てキューブリックの「フルメタル・ジャケット」を思い出した。ホーチミンに行く機会があるなら、片道1時間弱の距離にあるクチトンネルに寄ってください。リアルな匂いが残っています。


DSCF3584.jpg
エビの美味しい所を探して辿り着いた店。入店の10分後、たまたま隣に日本人、60代の夫婦2組。東京と仙台の方達で、やはり地震と原発の話になり、特に仙台から来られた夫婦は苦労されたようで帰国しても放射能が怖くて気が重いと話しておられました。あと、他の国の旅行の話とか。喋り方といい服装といい、品のある方達でした。


DSCF3415.jpg

DSCF3412.jpg
屋形船・食事付き2時間コースに乗ってみました。333を飲みながら、サイゴン川の上で頭が悪いなりに人生について考えてみた。精一杯目を開けて歩いてたら、随分と道から外れてしまった。守るべき存在があれば考え方は変わるんだろうけれど、時がくれば、できれば自分で・・・。波に反射する街の灯が揺れ、少し湿った風が気持ちよかった。


DSCF3604.jpg

DSCF3591.jpg
人の写真を撮りたかったけれど失礼になりそうで躊躇してしまいます。上の写真は親切だったタクシーの運転手、ブレ過ぎでショック…。下の写真は雑貨屋で土産を買ったので気分良く撮らせてもらいました、ベトナムでは全部で250枚近く撮ったけど下の写真はベストショットだな。色んな人と話したけど、良い感情を与えてくれようと作り笑いをしてでも微笑んでくれたベトナム人。温和な国民性、愛おしくてたまりません。


DSCF3519.jpg

DSCF3589.jpg
現地の人に聞いて印象に残ったポイントを(詳細なコミュニケーションが難しく、多少の間違いがあるかもしれません)。

・ベトナムの月給は約10000円、ホーチミンは20000円。
・ガソリンが1リットル90円。バイクが必須なので稼ぎの中でガソリンの割合が高い。
・外国人は土地が買えない、もし買っても所有権はベトナム人。
・日本と同じで晩婚化が進んでいる。
・ベトナムの朝は早い。学校は朝7時から。
・マンションより一軒家に住みたがる傾向がある。
・ケンタッキーはあるけど、マクドナルドがない。ビールはハイネケンが人気。


DSCF3610.jpg

DSCF3617.jpg
最後のベトナムコーヒーを飲んでる最中、向かいの建物で結婚式。映画のエンディングのような幸せな気分になり、そのまま空港へ。そこで通訳してくれた子やその友達との別れ。昔から僕はどうも空港が苦手でして、とにかく別れが寂しいんですよね。だから空港に行く前にバイバイって言おうと決めてたんだけど、会った初日から何度も送りたいと言ってくれたから…。

DSCF3498.jpg
かなり久しぶりの旅でしたが、旅は普段の生活で気付きにくい「別れ」を身近に感じれると再認識しました。会う人、見る風景に「たぶん、この人(風景)とはもう二度と会えないだろうな」と何度も頭の中で繰り返し哀しく愛おしい気持ちになるのは、かけがえのない貴重な時間です。サイゴンの街並と人々が恋しい…。

美味しい食べ物、贅沢がしたいとか壮大な景色が見たいなら他の国に行くべきでしょう。でもベトナムの「人柄」の良さ、それだけは絶対的にお薦めさせてもらいます。

当ブログを見てくださっている方々、検索で来て下さった方、行こうか迷っている人にベトナムの良さが少しでも伝わる事を願って。
関連記事

この記事へのコメント

マクビール : 2011/06/11 (土) 22:22:51

また来ましたよ~(笑) サイフォンさんこんばんは♪

前記事にコメントさせていただいたものに対して
本当に丁寧なお返事をありがとうございました。
欧米とは違って、やはりどこか共通するような"感じ方"が
東南アジアにの人々にはあるようで、私も大好きなんです。
(1年居たイタリアよりも、結局はアジアが好きだと分かりました)

でも、やはり東南アジアの旅には戦争の傷跡が付いて回りますよね。
話はちょっとズレてしまうのですが、むかし行ったマレーシアでは
日本語を理解できるおじいさんやおばあさんたちがいて、
でもそれは素直に喜べることではなくて、
でも、おじいさんたちはとっても楽しそうに話してくれて・・・
今でも胸がギュっとなったことをよく覚えています。

特にベトナムは、1970年代までずっと過酷な状態でしたもんね。
戦争って、本当に近い日々まであったのだなぁと
サイフォンさんの記事を見て改めて思い知らされました。

それと、屋形船(あるんですね!)。
異国の地で人生を考えることができる時間って、貴重ですね。
サイフォンさん、ベトナムに行かれて良かったですね。

・・・それとやっぱりバイクの写真、スゴイですね!
道中、バイクだらけ!!これは車の運転は難しそうですねぇ(笑)
雨の写真も(スコールですか?)、こういう写真を見ると
東南アジアの旅を、すごーく懐かしく思い出します。

ごめんなさい、1つだけお聞きしてもいいですか?
サイフォンさん、ベトナムではテレビがご覧になりましたか?
私は海外に行くと(いわゆる)買い物というのには全く興味がなくて、
八百屋さんとか魚屋さんのような食料品店には何が売っているかとか
テレビでは何を放送しているのかとか(言葉はわからないんですが笑)
物凄く興味があるんです。

例えば、インドネシアでは画面の半分が3か国語の字幕で
画面に何が映っているのかよく分からなかったとか(笑)、
イタリアでは半裸のオネエチャンが、意味もなくしょっちゅう出てくるとか。
・・・あ、テレビばっかり見ていたというワケではないですよ(笑)!
ただ、ベトナムはどんな感じだったのかなぁ、と思ったので^^;
変な質問でスミマセン。。。
もし覚えていらっしゃったら、ぜひ教えてください!

それではまた長くなりましたが、コメントを終えさせていただきます。。。。
きっとサイフォンさんの中で思い出がズーンと広がってらっしゃる時でしょうね!
こんなに凝縮された旅行の思い出を沢山拝見させていただいて
私もとても楽しかったです♪
またぜひ旅行記を!!(笑)いつか楽しみにしています^^

- : 2011/06/11 (土) 23:00:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サイフォン : 2011/06/11 (土) 23:21:32

マクビールさん~、コメントありがとうございます♪
こんばんは!!!!

いえいえ、会話をするように旅を思い出しながらコメントできたので楽しかったですよ!それにマクビールさんの新しい情報(?)を知ることが出来て嬉しかったです(笑)
それにしても、一年も住んだイタリアよりもアジアが好きだなんて、マクビールさんの仰るように共通する「感じ方」があるんでしょうね。マレーシアやインドネシア、他にも色んな国に行かれてるんでしょうね、マクビールさんの旅の話を聞いてたら楽しそう☆

東南アジアの旅と戦争は切り離せないんでしょうね。日本語を理解しているマレーシアの人々の話、素敵です。凄く辛い経験をされたんでしょうが、楽しそうに話すって…強い人達ですね。マクビールさんの話を聞いてマレーシアに行きたくなりました。
ベトナムの戦争記念館では、展示物よりもそれらを眺める観光客の真剣な顔ばかり観察しました。ほんとそう、遠くない日々の出来事なんですよね…。

屋形船は現地の和食屋で紹介してもらったんですが、いざ乗ってサイゴンの街を眺めてたら、ここは一体どこなんだろう?っていう変な感覚でした。慣れた光景から離れて、日本から離れて人生を見つめ直す、ほんと貴重でした。でもネガティブな事ばかり考えてしまい、その点は反省です。。

それと、バイクは強烈でした、現地の人に聞いた話によると3人に2台の割合で普及しているようです。車の運転は無理です!秩序が無い中にもキチッとしたルールがあるようですが、日本人の感覚だと溶け込めません。雨は20分ぐらい、そう、スコールでした!

テ、テレビですか?意外な所を聞いてきましたね(笑)でも考えてみると、現地の人の生活を知る上でテレビの内容は外せないのかも。土産屋よりも八百屋さんや魚屋さんが気になるのは、やはりマクビールさんが現地の人と同じ目線に立って生活・物事を見たいという事なんでしょうね。

インドネシアは3ヶ国語の字幕だったんですか!面白いなぁ…実はベトナムかインドネシア、どっちに行くか迷ってたんですよ!イタリアも面白い(笑)、僕もいつか半裸の姉ちゃんを確かめに行かなくては!!
えっと、ベトナムのテレビ番組ですが、現地のコメディと音楽番組、あとはドラマを少々。声はベトナム語で字幕は無く、当然ながら全く理解できません…。ですが、一つだけ分かったのは演出が「ベタ」だという事です。例えば音楽のPVだと、恋人同士が久しぶり再開するシーンで2人が出会う直前に彼女が車に轢かれて死んでしまう…そこでサビに突入とか。50年前の映画のような演出、日本では考えられないなぁと思いました。

次はいつになるか分かりませんが、もし何処かに行く機会があれば旅行記を書きますね♪
マクビールさんに読んで頂けて嬉しいです、そして丁寧なコメントありがとうございました!
感謝です!

NOVA・40years old・つぶやいったーの鬼 : 2011/06/13 (月) 10:41:49

PCが繋がってるうちに・・・と素早く読ませて頂きました(ごめんなさい、じっくり後で読みます)。
まず、『沢田教一さん、あなたの写真を見るためにベトナムまで来ましたよ』ってとこ。
この方を存知上げないけど、何となく、文脈から、サイフォンさんが言いたかったのは、ここだろう、と、じーんとしてしまいました。
酷い戦争でしたものね。戦争に良い悪いは無いけれど。

で、フォーーーーー!(あぁ、寒波がすまんです)
美味かったすか!良かった!

私も別れは苦手でつ。本当に。普段、友達とお茶してて、帰り遅くなって、お互いバイバイ!ってずーっと振り返ってバイバイ!ってしてるだけで、もうダメだから。『たぶん、この人(風景)とはもう二度と会えないだろうな』この気持ち、解るんでつ。

でも、旅行は羨ましい!
良い旅で良かった!!!!!!!

あと、お友達のお子さんにはこの場を借りて、私からもお悔やみを申し上げます。

PC復活したら、鬼ブロガーに戻ります。ちょっと他の件でも、辛さが今になって染みてる状況でつ。

では、また!

サイフォン : 2011/06/13 (月) 22:27:35

こんばんは~♪

NOVAさんのツイッターの呟き、先ほど見ましたけど勢いがありますね!
ジュンク堂で『中二病取扱説明書』を読んだり、王子と出会ったりNOVAさんの一日を覗いてるようで面白いですよ。

沢田教一さんのあの写真、高校の時に初めて出合って、ベトナムに展示されてると知ってからずっと行きたかったんです。他の国とも迷ったんですが、最終的にベトナムに決まったのはあの写真を見たかったからです。

フォーーーーっ!!!!!!



フォーーーーーーーーっ!!!!!!



えっ、えっと、えっと、本場の味付けにする前は美味しかったです!おかげで良い経験をしました。

姉の親友の件、お悔やみの言葉ありがとうございます。書くかどうか迷ったんですが…、本当にありがとうございます。

NOVAさんも別れは苦手でしたか~、あの切ない気持ち…。それにしても、友達とお茶しててバイバイする時も切なくなるなんて、やはりNOVAさんは繊細ですね。

小三治師匠のYoutube、今から鑑賞させてもらいます!
早くPCを復活させてください!辛いことがあればちゃんと発散してくださいね!
では、また~☆

R : 2011/06/18 (土) 01:30:07

うわああああああああああああああ!
今私が行きたい国NO.1はベトナムなんだ!


そのベトナムへいつのまに!?


誘われてない!ガッデム!

サイフォン : 2011/06/18 (土) 08:25:45

Rさん、おはようございます~!!!!

な、なんですと!行きたい国NO1がベトナムですと!!!
早く言ってくれたら誘ったのに!!

Rさんと一緒に旅行したら楽しそう(笑)

R : 2011/06/20 (月) 20:33:18

えへへ。
旅行中にサイフォンさんが疲れたら肩車してあげるよ Uo´ェ`oU

てゆーか、旅日記の写真はサイフォンさんが撮影したの?
もっと一眼レフとかで凝りまくった繊細な写真を撮る人かと思ったら、意外にも男らしい構図でちょっと笑いました(笑)

ギャップがいいっすね。

Rでござる : 2011/06/20 (月) 20:44:28

ねえねえ、コメント欄の中にRさんがもうひとりいた!まちがえるといけないので、うちはこれから名前の欄に「Rでござる」と書くよ。

サイフォン : 2011/06/20 (月) 23:53:29

えっ、僕が肩車をされるんですか?逆です、僕が肩車しますよ!(笑)

写真ですが、全て僕が撮影しました!一眼レフは持ってさえいないんです、肩にかけて持ち歩くのはどうも苦手でして…。最近小さい一眼レフを販売しているようで、あれはちょっと欲しいんだよなぁ。
構図、写真集を見るのは好きなんですが、いざ自分が撮るとなると上の写真のような感じに…上手に写真を撮る方法がありましたら教えてください(笑)

「Rでござる」と気を使ってくださってありがとうございます♪
文章の癖で見分けていましたが、間違ったら失礼になるなぁと心配していたので…ほんと助かります!

「インセプション」、楽しめたようで良かったですね!
コメントできないので此処に書きますが、僕は事前に他のブログをチェックしてないかも。気をつけないといけませんね。。

Rでござる : 2011/06/21 (火) 20:27:14

話引っ張ってごめんなすって!!

構図関係なかった!雰囲気の話したかったんだ!
サイフォンさんの写真は生々しくていいと言いたかったんだ。
意外と左脳の人かもしれないと一瞬思ったよ!

それと名前のことはこちらこそありがとうございます!
私が間違えるので変えましたよ(笑)
他のRさんのコメントを「あれ、この記事にコメントしたっけ」と何度も読み返したバカだよ★

ブログについての疑問におへんじありがとう!
サイフォンさんはオリジナリティあるから大丈夫そうだけど、うちはありきたりだから気をつけるよ。

サイフォン : 2011/06/21 (火) 22:54:19

Rさん、こんばんは♪

いいんですよ~、何度でも気軽にコメントしてください☆
「ごめんなすって!!」って、なぜそのテンション?(笑)

構図とか、Flickrにある写真のように上手に撮れたらいいなぁといつも思うんですよ、でも本を買って勉強する…というほどのことでもなく。。
リアルさが少しでも伝われば良しとしてるんで、生々しいと言われるのは嬉しいです。

名前ですが、たしかにRさんも混乱したでしょうね。言葉遣いも違うし、パニックになったかもしれませんね。
僕もRさんのブログにサイフォンっていう名前があれば、何度も読み返して焦ることになるでしょう。

えっと、Rさんのブログの方が明らかにオリジナリティがあると思いますよ……全然ありきたりじゃないです(笑)
UFCとかあまり知らないんですが、プロレスを見るのが好きな時期があったんで、高阪剛という名前を久々に聞いてテンションが上がりましたよ!

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。