スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Things Fall Apart / THE ROOTS

Things Fall Apart / THE ROOTS(ザ・ルーツ)

Things Fall Apart / THE ROOTS(ザ・ルーツ)

1999年に発売されたザ・ルーツの4作目。生演奏でジャズ・ヒップホップですから聴きやすく万人受けするアルバムではないでしょうか。18曲約80分間と長いですが、最後までカッコよく気持ちのいい時間を過ごせます。
M4「Step Into The Ream」、M11「100% Dundee」、あとはエリカ・バドゥをフューチャーしたM15「You Got Me」が好みです。

関連記事

この記事へのコメント

りさ : 2011/04/22 (金) 17:45:10

こんにちは。

村上春樹さんの「雑文集」を読んで最近ジャズを聴いているのですが、今ひとつ良し悪しがわかりません☆
チャーリー・パーカーの映画でチャーリー・パーカーの演奏が悪くてシンバルを投げられる場面がありましたが、どこが悪いんだろう?と思ったし…
多分、ジャズって奥が深いんですね。

サイフォン : 2011/04/22 (金) 17:58:08

こんにちは~♪

村上春樹さんって相当なジャズ好きですよね。たしかスタン・ゲッツが好きだったように記憶しています。
ジャズも聴いてるうちに嗜好が変わるかもしれませんし、りささんが良いなって思うのを聴き続ければいいと思いますよ☆
女性でジャズを聴くのってカッコイイです。しかもチャーリー・パーカーとは!!渋い!!

勝手な僕の意見ですが、りささんの好きな映画や趣味を聞いていると、チェット・ベイカーやビル・エヴァンスが似合うかなって思います。女性ヴォーカルだと、ブロッサム・ディアリーとか。ただ僕の好きなミュージシャンを並べただけかもしれませんが(笑)

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。