スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮き雲(1996) ★★★★+

浮き雲 Drifting Clouds

【解説】不況のため共に職を失ってしまった、レストランの給仕長イロナと電車の運転手ラウリの夫婦。二人は次の職が見つからず苦しむが、やがてイロナがレストランを営むという目標を見い出し、共に手を取り合って夢の実現に励む。

【感想】浮き雲というタイトルだし明るい雰囲気ではないんですが、雲間から射す太陽の光のような輝きを持った作品だ!この映画の素晴らしいところは、どちらかが弱っている方を励まし合い、希望を持ち続けたことだ。
励ますために相手の肩をポンッと押す、寝ている相手に服をかけてあげる、そんな細かい動作が胸に突き刺さります。日本も不況でなかなか自分以外の事にまで目が届かないけれど、生き残るために大事なのは些細な優しさだったりするんじゃないかなぁと感じた。

映画のタイトルは先日観賞した成瀬巳喜男監督の「浮雲」から拝借してるらしいんだけど、共通していたのはボロボロの靴を使った演出かな。
レストランを開業してからは上手く事が運びすぎのような気もするけど、アマレス協会から30人の予約が入った時、これは夢なんじゃないかなぁとも思ったんだけれども、画面に映ることのなかった最後の2人が見上げる空は希望に満ちて溢れていたに違いない。
アキ・カウリスマキ監督の音楽のセンスも独特で、様々なジャンルの音を聴きこんでいるんだろうと思います。

浮き雲 / Drifting Clouds
監督:アキ・カウリスマキ(Aki Kaurismäki)
出演:カティ・オウティネン カリ・ヴァーナネン エリナ・サロ サカリ・クオスマネン
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。