スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年メリケンサック (2008) ★★★

少年メリケンサック(2008)

【解説】レコード会社の新人発掘部で働くかんなは、偶然ネットで見つけたパンクバンド“少年メリケンサック”をデビューさせるべく契約に乗り込むが、そこに現れたのは…。

【感想】昨年末に録画したのをやっと観賞しました。クドカンらしく、小ネタ満載で笑わせながらも、今後の生き様について考えさせられる作品。
佐藤浩市は演技の幅が広いですね、一番好きなのはジミー(田口トモロヲ)ですけど…走れるし滑舌良いし、ズボンに指をさすのは反則やわ(笑)
NOVAさんのようにグループ魂が好きだったら更に楽しめるんだろうなぁ。
ニューヨークマラソンが農薬飲ませろだったのは意外、あの歌詞はインパクトが凄くて忘れられない。

気に入らねぇなら
農薬飲ませろ
ノーパン喫茶で
農薬飲ませろ
アイラブユーより
農薬飲ませろ

少年メリケンサック
監督:宮藤官九郎
出演:宮崎あおい 佐藤浩市 木村祐一 勝地涼 田口トモロヲ 三宅弘城 ピエール瀧 峯田和伸 ユースケ・サンタマリア
関連記事

この記事へのコメント

りさ : 2011/01/26 (水) 15:04:13

私も見ましたよ~♪
宮崎あおいさんの彼氏役の歌は、すごく情けないですネ☆
「篤姫」の合い間にこの映画を撮っていたそうで、役柄が全然違うじゃないか、と驚きました。

Super NOVA : 2011/01/26 (水) 19:00:51

ご覧になった!!!!!!私のヘヴィローテーション映画と化してるこのイカレポンチ映画を!!!!!!
ペヤング石鹸を!!!!!!!中村敦夫(爆)!『ニューヨークマラソン』(爆)!!!!!!

これは、後からきますよ!小ネタが多いのと、カット数が多いのがクドカンの得意技!また観たくなります、多分。
私のMVPは佐藤浩市!次点は銀杏ミネタくん!あの迫力はミネタにしか今出せる人はいません(断言)!

この映画は面白くて爆笑して、哀しい映画です。
老いる、ということについて、きちんと向き合ってる。
大好きですね~!クドカンワールド!

あと、田辺誠一@Teluyaの『アンドロメダお前』を是非よーつべで(爆)!あれ、モロあの人に喧嘩売ってる!

りささん、横レス失礼します!初めまして(ペコリ)!
あの『さくら』の曲、サイテー!人柄もサイテー!あのオチで泣いてるのがおかしくて(笑)。
あの頃『篤姫』ですか!知らなかった!
あおいちゃんは、立派にコメディエンヌを演じきってましたね~!さすが!!!!!!!

あと、翔さんの回転寿司屋は、私も店先で帰ると思いました(爆)。

サイフォン : 2011/01/27 (木) 00:07:54

こんばんは♪
りささんもご覧になりましたか~!たしかにあの彼氏の歌は情けないですね、ある意味すごいインパクト(笑)
宮崎あおいさんは篤姫の撮影中だったんですか…役者って凄いですね。でも篤姫の役をやりながら、数時間後に「パンク最高!」って変わるなんて笑ってしまいますね♪

サイフォン : 2011/01/27 (木) 00:15:17

こんばんは~!
さすが好きな映画だけあってコメントも熱いですね!ありがとうございます。
ぺヤング最高でした、もちろんニューヨークマラソンも(笑)

何度見ても面白でしょうね!毎回新しい発見がありそうです。佐藤浩市は上手かったですよね!僕、実は銀杏BOYZをほとんど知らず、後でネットの解説を見てボーカルだと知ったのは秘密です(笑)
たしかに哀しい映画かもしれませんね、映画で笑わすっていうのは難しいと思うんですがクドカンワールド最高ですね。

そうそう、田辺誠一もヤバい(笑)ユーチューブにあるんですね、後で見ておきます。思い出しただけで笑ってしまうもんなぁ…動画見たら大爆笑しそうです(笑)

ブリ : 2011/04/23 (土) 17:38:38

『少年メリケンサック』は最高でしたw。あれはカンナちゃんの成長物語ですねw。
ジミーさん最高!「喋れるじゃねーか!」のオチも最高!!
クドカンは当たり外れも多いですよね。大抵当たってるけど。『鈍獣』は意外と面白くなかったしw。
クドカンは『クワイエットルームへようこそ』で俳優してました。それもテンション高くてなかなか良いんだな(ちなみにクドカン作品ではありませぬ)。というかアレはブッキーが最高だったけど。

『メリケンサック』はキム兄も良い味だしてましたね。

サイフォン : 2011/04/23 (土) 20:07:39

コメントありがとうございます!
たしかに最高でしたね、ほんと笑えます!たしかに、真面目な見方をすればカンナちゃんの成長を描いてるのかも(笑)
ジミーさんは反則です、一番動きが良かったですよね!キム兄は普段のイメージそのままでしたが、役柄にピタリとハマってましたね。
『鈍獣』というのはイマイチな作品なんですか?初めて聞きました、チェックしておきます。

『クワイエットルームへようこそ』も見てませんが、クドカンの活動の範囲はホント広いですよね。
ブリさんのブログにもお邪させてもらいます♪

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。