スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seasons Of My Soul / Rumer (ルーマー)

Rumer
Seasons Of My Soul / Rumer (ルーマー)

Rさんに紹介して頂いたRumerですが、円高のおかげなのか求めやすい価格だったので買ってきました。Youtubeで「Slow」を聴いて、アルバムの完成度を確かめてみたかったのです。M1の「Am I Forgiven」やM7「Thankful」の伸びる低音はたしかにカレンの声を、M5の曲調は70年代のキャロル・キングを連想させます。柔らかな声質だが決して弱々しくはなく、むしろ竹のようにしなる強さ、繊細さを兼ね備える大人向けのアルバム。

スポンサーサイト

ワンダーランド駅で / ファーゴ

ワンダーランド駅で / NEXT STOP, WONDERLAND (1998) ★★+


例え今悩んでいる最中でも、出口を求めてもがいていれば運命は良い方に傾く、というメッセージが伝わりました。が、ずっと近くにいるのに擦れ違ったまま、そして巡り合えた時の盛り上げ方がどうも…。愛嬌のあるハリセンボンと軽快に流れてたボサノヴァは映画の雰囲気を良くしていました。


ファーゴ / FARGO (1996) ★★★★


人間ってやつは…。おかしくて哀しいと思わずにはいられない作品。「実話」自体が嘘で、製作陣がやりたい放題(笑)
美しい雪景色の中、血しぶきの赤が妙に引き立ってたし、些細な事が大きな事件に繋がっていったり…。俳優達の役がこれ以上なくピッタリで特にブシェミはハマってました。

Today / Galaxie 500


Today / Galaxie 500 (ギャラクシー500)

1988年にリリースされたギャラクシー500のデビューアルバム。ジャケットが象徴しているように哀しげで美しい。孤独、浮遊感。たぶん、特定のジャンルに偏ることなく「音楽」を愛する人でこの音を嫌いになる人はほとんどいない。ギャラクシー500は3枚のアルバムをリリースして解散したようで、残りのCDもぜひ聴いてみたい。

クロディーヌ・ロンジェ全集 ~恋はみずいろ / Claudine Longet


クロディーヌ・ロンジェ全集 ~恋はみずいろ / Claudine Longet

バターとメープルシロップがたっぷりとかかったホットケーキ、僕にとってクロディーヌ・ロンジェはそんなイメージ。ずっと聴いてると疲れるんだけれど2ヶ月ぐらいの間隔で無性に触れたくなる。今持っているアルバムとはかぶる曲が多いけど2枚組で約2時間のボリューム、彼女の奇跡的に美しいウィスパー・ヴォイスを堪能したいならこの一枚で十分でしょう。服役を終えてるしもう一度表舞台へ…とは簡単にはいかなかったんだろうな。クロディーヌ・ロンジェも70歳を過ぎてるのか、落ち着いた余生を過ごして欲しいなと勝手ながら思ったりする。

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。