スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ (1999) ★★★★

buena_vista_social_club

【解説】ギタリストのライ・クーダーとキューバの老ミュージシャンたちの交流を追いながら、キューバ音楽の魅力を捉えた記録映画。

【感想】なんということでしょう、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のサントラを10年近くも聴いてるのに映画を観たことがありませんでした。

平均年齢80歳を越えるキューバのバンドの再結成。諦めかけていた人生が何かをキッカケに再開する、なんて素敵なドキュメンタリーなんだろう。
音楽と同様、表情が豊かで陽気、エネルギーに満ち溢れている。作品の意図とは違うかもしれないけれど、僕にとっては「老いと若さ」について考えさせられる作品でした。

ちょっと衝撃を受けたのが、公演のためにニューヨークに訪れていた70歳を超えたイブライム・フェレールの「僕はここに住んでみたいね。英語も勉強したい。」っていう言葉。僕は33歳になり、年齢を持ち出して英語を勉強しなくなったり色々な言い訳をしてるように感じるんだけど考え直さなきゃな。
それと、たまに「旅」をして刺激を受け、何かを得たい(或いは失いたい)と思いました。



Buena Vista Social Club / ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
監督:ヴィム・ヴェンダース (Wim Wenders)
出演:ライ・クーダー イブライム・フェレール ルベーン・ゴンザレス オマーラ・ポルトゥオンド
スポンサーサイト

集中力 / 夢をかなえるゾウ


集中力 / 谷川浩司

厳しい世界で戦っている棋士という名の勝負師に興味があります。勝負に勝つ能力を伸ばすためには「集中力」「思考力」「記憶力」「気力」の4つの要素が大切だと書かれていました。更に、スランプをどう脱出するのか、勝負師の条件とは?など。


夢をかなえるゾウ / 水野敬也

話題になった本ですが、今更ながら読んでみました。ガネーシャのキャラ設定が絶妙で、普通に読み物としても充分に楽しめます。以下の文が印象に残っています。

世の中のほとんどの人は「反応」して生きている。反応して、反応し続けて一生が終わる、それで自分の人生を手に入れることなんて出来ない。全部自分で考えて計画を立て、自分から働きかける。

PLAYGROUND (プレイグラウンド) / 山本精一

yamamotoseiichi

PLAYGROUND(プレイグラウンド) / 山本精一

独特のサイケな世界観にどっぷりと浸れます。淡々とした山本精一の歌声、プリミティブなギターの音色。どこまでも深く暗い闇と狂気への誘惑、シド・バレットが好きな人には特にお薦め。Youtubeで紹介している「待ち合わせ」という曲も4分あたりからの盛り上げ方は流石だと思います。

The Velvet Underground / The Velvet Underground

VelvetUnderground

The Velvet Underground (ヴェルヴェット・アンダーグラウンドIII) / The Velvet Underground

1969年に発表されたヴェルベット・アンダーグラウンドの第3rdアルバム。穏やかなサイケデリックに内包されている狂気と実験精神、洗練された退廃的な音。
退屈な曲はなし、特に惹かれるのはM1「Candy Says」(伝説的なドラァグクイーン、キャンディ・ダーリンについて歌われた曲)、M2「What Goes On」、M9「The Murder Mystery」かな。
アンディ・ウォーホルのバナナで有名なニコが参加しているファーストも傑作ですが、こちらも負けず長く愛聴できそうです。ルー・リードの声は癖になりますね、ソロの方も聴かなくては。

| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。