スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勝負脳」を鍛える / ボロボロになった人へ

 

「勝負脳」を鍛える / 谷川浩司 古田敦也

・勝負の世界に生きる以上、負けない人はいない。
・負ける時にもその負けが次にプラスとして繋がっていくような負け方をするべき。
・研究というのは毎日毎日やらなければいけないことなんですけれども、義務感にとらわれてやるんじゃなくて自分から進んで研究する。それがまた楽しい、嬉しいという気持ちになれればいいんでしょうが、なかなか難しい。
・ストライクゾーンが変わるという大きなルール改正では今まで蓄積した情報がすべて使えなくなる可能性がある。特にベテラン選手の場合は大変だが、新しいことが増えるとまたデータを貯めていかないといけない。


ボロボロになった人へ / リリー・フランキー

「“ケープ・ファイアー”のデ・ニーロが背中に入れてる入れ墨あんじゃん。十字架の両端に聖書とナイフが秤みたいにぶら下がってるやつ」
「聖書がtruthでナイフがjusticeになってるやつな。あれシブイよ、マジで」
「そこでだよ、真実と正義、どっちが重いと思う?」
「あれはな、俺が思うにどちらも重くてバランスが拮抗してるわけじゃないのよ。どっちもホントは軽いんだよ。どっちも軽いから片方が沈まないんだよ。それぐらいのもんだってこと。そういう意味なんだよ、あの入れ墨は」
スポンサーサイト

集中力 / 夢をかなえるゾウ


集中力 / 谷川浩司

厳しい世界で戦っている棋士という名の勝負師に興味があります。勝負に勝つ能力を伸ばすためには「集中力」「思考力」「記憶力」「気力」の4つの要素が大切だと書かれていました。更に、スランプをどう脱出するのか、勝負師の条件とは?など。


夢をかなえるゾウ / 水野敬也

話題になった本ですが、今更ながら読んでみました。ガネーシャのキャラ設定が絶妙で、普通に読み物としても充分に楽しめます。以下の文が印象に残っています。

世の中のほとんどの人は「反応」して生きている。反応して、反応し続けて一生が終わる、それで自分の人生を手に入れることなんて出来ない。全部自分で考えて計画を立て、自分から働きかける。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。