スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Disney Songs the Satchmo Way / Louis Armstrong

disney

Disney Songs the Satchmo Way (サッチモ・シングス・ディズニー) / Louis Armstrong (ルイ・アームストロング)

ルイ・アームストロングが白人世界の象徴でもあったディズニーソングを歌う。しゃがれたダミ声と夢の世界の邂逅、相性の良さは想像できますし、実際聴いたとて一生付き合えるアルバムだと感じました。
サッチモの声やトランペットを聴いてると、いつもチャップリンを思い出すんです。なんか、サッチモっていつも笑っているイメージがありません?普通の人間が想像もつかない辛い経験をしてきたアーティストだけが表現出来る哀しさと温かさのようなものはジャンルは違えど共通しているように感じます。チャップリンはシニカルなんだけれど、サッチモは大らかなんだよな。
特にM1「Bibbidi-Bobbidi-Boo」、Youtubeで紹介している「When You Wish Upon A Star」、M9「Heigh-Ho 」が気に入っています。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。