スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリー・ポピンズ(1964) ★★★★+

Mary-Poppins

【解説】数々の名曲を世に送り出した傑作ミュージカルが、特典ディスク付きのスペシャル・エディション版で登場。仕事中毒の両親を持つジェーンとマイケルの元に家政婦・メリーがやって来て、子供たちを不思議な世界へと誘う。

【感想】2時間20分と時間が長めではあります、ストーリーに起伏はありませんが娯楽性が高く最後まで「楽しく」鑑賞できました。優しくピュアな気持ちになれますね。アニメと実写の融合、当時では画期的な技術だったんだろうけどチープさが逆に新鮮であります。
夢の世界ばかりかと思いきやそうではなく、「家族」はどうあるべきなのか、厳格な父親がどう変わるのかっていうのが割と大事なポイントでして、父親の孤独を視聴者に伝えながら変わっていく過程はお見事。クライマックスで父親が銀行に向かうシーンは他の映画のようだったな。家族のために職を失った後どう立ち直るんだろうかと見てたら、意外にあっさりと解決してしまうので拍子抜けしてしまった。まぁ、ディズニーだ、そこは大事じゃない。
メリー・ポピンズは何者なのか、バックボーンやなぜ魔法が使えるんだろうかといったことは詳しく明かされなかったけど…これ以上の知識が欲しければ原作を読めっていうことなのかな。
笑うと体が浮くおじさん、ペンギンとの踊り、ポピンズが子守唄「Stay awake」を歌うシーンなど印象深い場面が多い。動画で紹介している場面、なぜか泣いてしまった。歳はとりたくないもんだねぇ…。まぁ、メリー・ポピンズが歌っているわけだけれど、母親が子供に子守唄を聞かせて寝かし付けるのって人類で最も美しい光景の一つだと思う、よく言われるように老婦人が手を繋いで歩いている姿も神々しくはあるけれど、あれに匹敵するなと。



メリー・ポピンズが教えてくれた、「つらい仕事もとっても簡単、誰にだって楽しみながらできる。スプーン1杯のお砂糖で苦い薬も平気で飲める。」という言葉は現実にも活かしていきたい。

Mary Poppins / メリー・ポピンズ
監督:ロバート・スティーブンソン
出演:ジュリー・アンドリュース ディック・ヴァン・ダイク デイヴィッド・トムリンスン グリニス・ジョーンズ エド・ウィン ハーミオン・バドレー カレン・ドートリス マシュー・ガーヴァー
スポンサーサイト

Disney Songs the Satchmo Way / Louis Armstrong

disney

Disney Songs the Satchmo Way (サッチモ・シングス・ディズニー) / Louis Armstrong (ルイ・アームストロング)

ルイ・アームストロングが白人世界の象徴でもあったディズニーソングを歌う。しゃがれたダミ声と夢の世界の邂逅、相性の良さは想像できますし、実際聴いたとて一生付き合えるアルバムだと感じました。
サッチモの声やトランペットを聴いてると、いつもチャップリンを思い出すんです。なんか、サッチモっていつも笑っているイメージがありません?普通の人間が想像もつかない辛い経験をしてきたアーティストだけが表現出来る哀しさと温かさのようなものはジャンルは違えど共通しているように感じます。チャップリンはシニカルなんだけれど、サッチモは大らかなんだよな。
特にM1「Bibbidi-Bobbidi-Boo」、Youtubeで紹介している「When You Wish Upon A Star」、M9「Heigh-Ho 」が気に入っています。

魔法にかけられて(2007) ★★★★

魔法にかけられて

【解説】アニメーションの美しいおとぎの世界から“現代ニューヨーク”に迷い込んでしまったプリンセスが、様々な体験を通して本当の愛を見つけていく感動の物語。

【感想】ディズニーと侮ることなかれ。大人こそが見なければならない作品。タイトルに魔法とあるけど、別に特殊能力はなく「純粋さ」こそが魔法というのがいい。特に黒人夫婦が寄りを戻す所、確かに自分達の為に涙を流してくれる人がいたら考え直すような気もする。
過去の映画へのオマージュが随所に見られ、そこも見所の一つ。

魔法にかけられて / Enchanted
監督: ケヴィン・リマ
出演: エイミー・アダムス, パトリック・デンプシー, ジェームズ・マースデン, ティモシー・スポール

(Syphonのトレード日記、2008年の記事)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。