スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月5日、スティーブ・ジョブズの死去が発表された日

steve-jobs

今日はやけにアクセス数があるので解析してみると、検索から「Think Different」の記事に足を運んでくれた人が多かったようです。

過去に同じ時代を生きてたら楽しかっただろうなという人がいます、間違いなくスティーブ・ジョブズは僕達の生きる時代を少し面白くしてくれた人物の一人です。
人格者ではありません。でもどれだけ彼の言葉やスピーチに勇気を貰い、プレゼンテーションでワクワクさせてもらったか…。

アップルに復帰後、魅力的な製品を世に送り、潰れかかった企業の時価総額を世界一にまで押し上げたのですから、彼自身も「Think Different」の動画に出てくるようなクレイジーな人だったのでしょう。



感謝、感謝。ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

Think Different (違う考え方をしよう)

Think different


apple computer/1998



Here’s to the crazy ones.

The misfits.
The rebels.
The troublemakers.
The round pegs in the square holes.

The ones who see things differently.

They’re not fond of rules.
And they have no respect for the status quo.

You can quote them, disagree with them, glorify or vilify them.
About the only thing you can’t do is ignore them.

Because they change things.
They push the human race forward.

And while some may see them as the crazy ones,
We see genius.

Because the people who are crazy enough to think
they can change the world,
Are the ones who do.





クレージーな人たちがいる。

反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。
四角い穴に、丸い杭を打ち込むように
物事をまるで違う目で見る人たち。

彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。
彼らの言葉に心をうたれる人がいる。

反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。
しかし、彼らを無視することは、誰にも出来ない。

なぜなら彼らは物事を変えたからだ。
彼らは人間を前進させた。

彼らはクレージーと言われるが、
私たちは彼らを天才だと思う。

自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、
本当に世界を変えているのだから。



Think Different

1990年代後半、アップルは倒産の危機に瀕していました。そんな状況で就任直後のジョブズ氏が打ち出した広告メッセージ。

「 Think Different 」(違う考え方をしよう)

ここからiMac、iPodなどのヒットで業績の回復が始まります。

kurosawa_20110111205942.jpg  Think Different
黒澤明(映画監督)         盛田昭夫(ソニー創業者の一人)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。